サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> ユーザビリティ >> アクセシビリティとユーザビリティ

アクセシビリティとユーザビリティ



ユーザビリティ

インターネットには何億ものウェブサイトが存在します。退屈で紛らわしく、要求を満たしてくれないサイトは誰も見たくありません。選択肢はいくらでもありますが、時間は限られているため、ユーザーは表示された瞬間にそのサイトの使い方が分からないと、時間を費やす価値がないと判断して、別のサイトに去っていきます。

ユーザビリティは「使い勝手」と訳され、インターネット社会でその重要度が増してきています。例えば、ショッピングサイトの場合、ウェブにやってきたお客が欲しい商品を見つけることができなければ、その商品は売れません。

ウェブではマウスでクリックするユーザーに全ての決定権があるため、ユーザーが最高権力者となります。ユーザーは気まぐれでどこにでも行きますから、自分のサイトに留めておくためにユーザーの使いやすいインターフェイスにすることが望まれます。

ウェブは主にユーザーに情報を発信するために制作されます。そして、サイトのデザインは「どんな人に」、「どんな情報を」、「どういった目的で」届けるかを総合的に考えて成り立つものです。相手を定めないうちに、情報を形にすることは不可能です。文章よりも画像や動画の方が情報伝達をより助ける場合もあるのです。軽いウェブを作ることはもちろん重要ですが、利用者のレベルに合わせた適切なサイト構造にしなければなりません。


アクセシビリティ

ユーザビリティに含まれる重要な要素にアクセシビリティが(Accessibility)があります。アクセシビリティとは、身体的理由でパソコンの一般的な操作が難しいユーザーに配慮する技術の総称です。

アクセシビリティを実現したサイトは「バリアフリーサイト」と呼ばれ、身体能力に関係なく、サイトの情報を活用してもらうために現在注目されているものです。アクセシビリティはユーザビリティとは違い、HTMLのコード生成を工夫するなどのより具体的な知識が必要になります。既存のサイトにタグや属性を追加するだけで、大きくアクセシビリティを向上させることもありますから積極的に導入しましょう。

代表的なアクセシビリティの機能に以下の3つがあります。
  • 視覚障害のあるユーザーのための拡大表示機能
  • 全盲のユーザーのため音声で読み上げる機能
  • キーボードやマウスを使わずに入力できる機能
アクセシビリティに関する技術やサイト構築理論は、インターネットの利用者の増加に伴い年々数を増しています。自分のサイトが全ての人に見てもらえるようにサイトを制作しましょう。


 
 

Webの開設と運営法に戻る Next:ユーザビリティの基礎




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Accessibility, Usability. All rights reserved. - Home