サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> ユーザビリティ >> 環境に左右されないデザイン

環境に左右されないデザイン



異なる環境に対応する

ウェブページは、訪問者が自分と同じOSやブラウザ、解像度で見てくれているとは限りません。

例えば、ウェブページの幅を1000pxにしてしまうと、800×600のディスプレイ環境で見ている人には大変見づらいものになってしまうでしょう。
だからといって、幅を800px以下にすればよいかといえばそうではありません。

製作者がやるべきことは、全ての環境の人に同じ外観を保つことではなく、全ての環境の人に最適な表示ができるように心がけるようにすることなのです。


OSについて

現在利用されているOSは、Windows、Macintosh、UNIX系列の3つに分けることができます。当サイトでの2003/11/15現在までのアクセス解析結果は以下のとおりです。

OS 割合
Windows 368,883 95.0%
Macintosh 17,096 4.4%
UNIX系列 2,208 0.6%

OSによる表示の違いは、多くの人は確認手段がないように思われます。ブラウザが同じならば、特にOSの違いを気にする必要はないでしょう。
有名な違いの一つに、MacintoshではCSSでフォントサイズを13pxや11pxなどにすると、それぞれ12px、10pxと同じ大きさになってしまいます。


ブラウザについて

当サイトでの1000件あたり(2003/11/15)のアクセス解析結果は以下のとおりです。

ブラウザ 割合
Internet Explorer 6.0 731 73.1%
Internet Explorer 5.5 88 8.8%
Internet Explorer 5.0 74 7.4%
Internet Explorer 5.1 10 1.0%
Internet Explorer 5.2 10 1.0%
Opera 7 9 0.9%
Netscape 4 6 0.6%
Netscape 7 4 0.4%
Internet Explorer 4 2 0.2%
Netscape 6 1 0.1%
Mozilla 1 0.1%
その他 64 6.4%

ブラウザの違いは、JavaScriptの動作やフォントサイズの大きさ、スタイルシートの対応など様々な要素に影響します。
上の表を見てもらえば分かるように、9割以上がIE5以上を使用しています。
よって、IEでチェックすれば問題ないように思われますが、IEは多少ソースに間違いがあっても表示してくれます。

そこで、Netscape 4でのチェックを推奨します。現在Netscape 4を使う人はほとんどいませんが、Netscape 4はソースなどが間違っていると最悪表示できなくなるほど厳しい作りになっています。

古いバージョンのNetscapeはここからダウンロードできます。
以下に、NetscapeとIEの比較を載せます。


Netscape 4.7
 
Internet Explorer 6.0

基本的にNetscape 4.xでは文字が小さく表示され、スタイルシートの等幅フォントや行間指定が実現されていません。


解像度について

ページの横幅を固定していないサイトでは、ユーザーの解像度に大きな影響を受けます。そして、製作者はウェブを自分の制作環境に合わせて作る傾向があり、いざ別の解像度で表示すると大きくレイアウトが崩れるということが少なくはありません。
一般的に1024×768の解像度が普及しており、現在はそれに合わせたウェブが大半を占めています。
以下は、「Web資料館」様の2003/10のアクセス解析を引用させて頂きました。

画面解像度 割合
1024×768 4545 74.5%
800×600 623 10.2%
1280×1024 388 6.4%
1280×768 193 3.2%
1400×1050 87 1.4%
1152×864 80 1.3%
1152×870 37 0.6%
1280×960 34 0.6%
1600×1200 29 0.5%
1152×768 17 0.3%
その他 67 1.1%

ユーザーが常に全画面表示をしていると考えると、800×600と1280×1024の間にはとても大きな差があります。企業などのサイトがよくページの幅を700px程度にしているのは800×600のユーザーのためで、個人サイトでも、800pxを超えないような幅にすることが望まれます。


 
 

Webの開設と運営法に戻る Next:ウェブの応答時間




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Accessibility, Usability. All rights reserved. - Home