サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> ユーザビリティ >> ウェブのライティング手法

ウェブのライティング手法



簡潔な文章

ユーザーはコンテンツ目当てでウェブサイトに足を運ぶもので、デザインはコンテンツにアクセスできるようにする手段にすぎません。

ユーザーがページを開いたときに最初に見るのは文章や見出しです。
それが文法的に正しいのはもちろんですが、ユーザーを引き付けるような書き方でなければなりません。

画面上で文章を読む速度は、印刷された文章を読む場合より25%程度遅くなると言われます。事実、オンラインテキストは読みづらく、多くの人は画面上でたくさんの文章を読みたくないと思っていることでしょう。

よって、ウェブ用の文章は、通常の半分程度に収まるように簡潔にまとめなければなりません。


斜め読み

ユーザーは画面上で文章むのが苦痛な上に、オンラインではせかされている気分になります。そのため、ユーザーは一語一語読むのではなく、ざっと斜め読みをして興味のあるキーワードや情報を読み取ります。

ウェブは「読む」ものでなく「ざっと見る」ものであることから、斜め読みに適した文章を書かなくてはなりません。斜め読みに適した文章にするには以下の点に気をつけます。
  • 大見出しと中見出しを使い分け、必要に応じて小見出しをつける
  • 内容の分かる見出しをつける
  • 箇条書きは決まり切ったテキストブロックに変化を与え効果的
  • 重要な言葉は太字にしたり色を変えたりアンダーバーをつけたりする
以下にこのサイト(eWeb)の紹介文を5つ作成しました。これは、下にある文章ほどユーザビリティが高くなります。「組み合せ」とは、「客観的」「斜め読み」「簡潔」の3つを組み合わせて作った文章です。

サンプル文章

eWebでは、皆様のWeb制作を「制作」「デザイン」「運営」の3つの方向から支援できるように努力していきます。
「制作」ではJavaScriptやスタイルシートなどの技術的なこと、「デザイン」ではレイアウトやアクセシビリティなどを、そして「運営」ではアクセス向上やレンタルサーバーなどの管理技術を取り上げます。どうぞ今後ともよろしくお願いします。


eWebでは、Web制作を「制作」「デザイン」「運営」の3つの方向から支援します。
「制作」ではJavaScriptやスタイルシートなどの技術的なこと、「デザイン」ではレイアウトやアクセシビリティなどを、そして「運営」ではアクセス向上やレンタルサーバーなどの管理技術を取り上げます。



eWebでは、皆様のWeb制作を「制作」「デザイン」「運営」の3つの方向から支援できるように努力していきます。
・製作:JavaScript、スタイルシート
・デザイン:レイアウト、アクセシビリティ
・運営:アクセス向上、レンタルサーバー

eWebでは、「制作(JavaScriptなど)」、「デザイン(レイアウトなど)」「運営(アクセス向上など)」の3つの方向からWeb製作を支援します。



eWebでは、Web制作を「制作」「デザイン」「運営」の3つの方向から支援します。
・製作:JavaScript、スタイルシート
・デザイン:レイアウト、アクセシビリティ
・運営:アクセス向上、レンタルサーバー

自分のサイトを主観的に語るのはいいことですが、ユーザビリティの観点から言えば、客観的で簡潔な文章が推奨されます。


 
 

Webの開設と運営法に戻る Next:ページの分割




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Accessibility, Usability. All rights reserved. - Home