サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> ユーザビリティ >> トップページのデザイン

トップページのデザイン



トップページに必要な情報

トップページは、サイトの中で最も重要なページですので、他のページとは別にデザインしなければなりません。もちろん他のページとスタイルを統一するべきですが、ここがトップページだとはっきり分かる違いが必要です。
例えば、サイトの名前やそのロゴマークを大きく目立たせたり、ナビゲーションもより分かりやすくした方がいいでしょう。


これでは何のサイトか分かりにくい
 
トップページに望まれるのは、初めて来たユーザーに、ここが何のサイトで、何を知ることができるかを伝えることです。

サイトの名前でそれが分かるのが一番いいのですが、そうでない場合、トップページにサイトの役割を表示しましょう。

また、トップページはリピーターにとっても分かりやすくしなければなりません。どのページを更新したか、今オススメの情報は何かなどの情報も必要です。


階層にこだわらないリンク

ホームページに複数のコンテンツがあった場合、それを階層化して表示することは初めてのユーザーにとって大変分かりやすいことですが、リピーターにとってはそうとは限りません。

例えば、航空チケットのサイトの「ANA SKY WEB」のように、トップページから出発地、到着地などが入力することができれば、リピーターに余計なページ移動をさせずに済むことになります。

また、更新情報やニュースからリンクを貼ることも重要です。ユーザーは更新した箇所まで段階を踏んで行くことを好みませんし、たどり着けるとも限りません。

ユーザーは目的地までリンクをたどることを嫌うので、下図のように検索機能をつけてサポートするのも良いでしょう。




 
 

Webの開設と運営法に戻る Next:ページの横幅




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Accessibility, Usability. All rights reserved. - Home