サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> ユーザビリティ >> ナビゲーション

ナビゲーション



インターフェイス

ナビゲーションのインターフェイスは、ユーザーが持つ以下の3つの質問に答えなくてはいけません。
  • 今どこにいるか?
  • 今までどこにいたのか?
  • これからどこに行くのか?
ユーザーの基本的な行動は、ネット上にある膨大な数のページを飛び回るために、リンクをクリックすることです。広すぎる情報スペースのナビゲーションをするのは難しく、単純な行き先だけのリンクを超えるナビゲーション方法を考える必要があります。


今どこにいるのか?

「今どこにいるのか?」という質問は、ナビゲーションに関する最も重要なものです。なぜなら、どこのサイトにいるのか分からない限り、そのサイトの構造を理解することはできないからです。また、どこにいるのか分からなければ今までたどってきたリンクの意味も分かりません。

ウェブを構成する要素として、サイト内の全てのページでサイト名を識別できるようにする必要があります。なぜなら全てのウェブページはユーザーから見れば似たようなもので、検索エンジンから来て4,5ページだけ見たユーザーには、結局どのサイトを見たのか分かりません。

したがって、ナビゲーションのルールの1つは、「全ページにサイトのロゴマークやサイト名を入れること」です。このページのように、ページの左上にロゴマークを入れ、そこからトップページにリンクを貼るといいでしょう。

また、ユーザーにウェブの階層を知らせるために、このページの上部にあるような、

Home >> ユーザビリティ >> ナビゲーション

といったようなナビゲーションも効果的です。


今までどこにいたのか?

クッキーなどの機能とJavaScriptを用いれば、「今までどこにいたのか?」というユーザーの質問に答えることはできるでしょう。また、ユーザー側もブラウザの「戻る」や「履歴」といった機能を用いればその答えを知ることができます。

ユーザーは、既に訪れたページをリンクの色で判断します。青ならまだ訪れていない、紫なら訪れたページという具合に標準の色を基準に判断しますので、サイト側でその色を変えるのは好ましくありません。


これからどこに行くのか?

「これからどこに行くのか?」という質問は、目に見えるナビゲーションの選択肢やそのページ上のリンクで示されています。それに加えて、ユーザーがサイト構造の一部でも理解していれば、現在表示されていない移動先も選択肢に加えることができるはずです。

全ページに全ての選択肢を表示することは不可能ですので、優れたサイト構造が「どこに行くのか?」という質問の手助けになるのは明らかです。

ページ上で使えるリンクには以下の3種類があります。
  • 埋め込みリンク:本文のある部分にリンクが貼ってあり、そこをクリックするとより詳しい説明を見られることを示すリンク
  • 構造リンク:サイト内の全ページで同じ内容を表示する、サイト内の他の階層に移動するためのリンク
  • 連想リンク:ユーザーに「こっちも見てね」というヒントを与えるためのリンク。関連ページなどに貼られる
リンクは下線付きで表示して、行ったことのないページへのリンクは青色、訪問済みリンクは紫色というルールを守りましょう。下線付きの文字を見るとユーザーはリンクだと勘違いしてしまうので、強調のために下線を使うのはよくありません。


 
 

Webの開設と運営法に戻る Next:検索機能




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Accessibility, Usability. All rights reserved. - Home