サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> ユーザビリティ >> URLのデザイン

URLのデザイン



ウェブとドメイン

現在では、ウェブは世間で広く認知されており、アドレスを番組やCMなどで放送するときに、"http://"の部分を入れる必要は全くなくなりました。また、"www"や".com"、".jp"などで始まったり終わったりするものは全てウェブサイトであると分かるくらいに、ウェブは一般的になりました。

アドレスを簡単に覚えてもらうには、ドメインを取得することです。プロバイダなどからもらえる"www.xxx.yyy.ne.jp/~zzz"のようなアドレスでは、電話などで教えてもらっても簡単にはアクセスできません。

URLは短く、覚えやすいほどよく、できれば"www"も省略した方がいいでしょう。入力しやすいドメイン名は、実社会で言えば目抜き通りに店を出すことと同じような効果があるものです。


ディレクトリやファイル名

ユーザーはURLを理解しようとしますので、製作者は理解しやすいディレクトリ名やファイル名をつけなくてはいけません。また、高い階層にインデックスファイルを置き、低いアドレスを削ったら高い階層に表示できるようにしておけば、URLを使って階層をたどることができます。

また、ユーザーにスペルミスは許されないので、ユーザーが入力しやすいように、URLはより簡単な綴りにしなければなりません。URLを入力しやすくするルールは以下の通りです。
  • URLはできる限り短くする
  • 一般的で自然な言葉を使う
  • 全て小文字にする。大文字と小文字を混在させない
  • 特殊文字は使わない。ハイフンやアンダーバーは混在させない
ブラウザやサーバーにスペルチェッカーが搭載されればユーザーのスペルミスは解消されるかもしれませんが、それまではこのルールを守りましょう。


URLの保存

外部サイトからのリンクは、サイトを探すための一般的な手段ですので、サイトデザインも外部サイトからのリンクに対応させる必要があります。リンクをたどっていくと、「ページが見つかりません」という表示をよく見かけます。
これは、ユーザーが自分のサイトに来てくれるチャンスを逃がすもので、全てのURLを永遠に存続させて、適切なページを表示させなければなりません。
むやみにページを移動させてはいけないのです。方法としては、同じURLで中身だけを変えるというものがあります。

定期的に変わるコンテンツは、仮のURLにしておきましょう。例えばニュースサイトなどでは、最新のニュースを常に"index.html"としておくと、ユーザーはそのアドレスにアクセスするだけで最新の情報を得ることができます。


 
 

Webの開設と運営法に戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Accessibility, Usability. All rights reserved. - Home